既婚者の合コン

既婚者の合コン

上手な合コンの設定の仕方

合コン自分ばかりが「気が利く女」を演出しようと、人からビール瓶をひったくるようにして目立とうとするなど「個人プレー」が激しすきると、ほかの女の子からキラわれて、次から合コンに呼んでもらえなくなりますし、何より合コン最中のその険悪な雰囲気は相手チームにも伝わってしまいます。

逆に幹事にありがちなことですが、ほかの女の子に気を遣いすぎて、結局自分をアビールできなかった、なんて話もよく耳にするものです。

 

しかし、合コンには「団体戦」であるがゆえのメリットがあるということを忘れてはなりません。 スポーツでは、オフェンス(攻め)が強くても、ディフェンス(守り)は弱いと思ったら、ディフェンスが得意な人を集めて「強いチーム]をつくります。

 

合コンもそれと同じ。おしゃべりの苦手な女の子が、お見合いをしてもなかなか自分をアピールするのは難しいですが、合コンではおしゃべり上手な仲間がフォローしてくれるといった具合に、不得手な部分を補うことができるのです。

 

もし、「こういう男性と知り合いたい」という理想像があるなら、その相手に見合うチームづくりを目指しましょう。

 

自分より若い男性と知り合いになりたければ、若い女の子を呼んで平均年齢を下をげる。そうすれば、年下の男性たちにも声をかけやすくなります。お金持ちの男性に見合う、お嬢様を演出したければ、お嬢さま系の大学出身の子と 友だちになって、合コン相手に「OO女子大出の友だちを連れていきま−す」と、アビールすることもできます。

 

お見合いや紹介などで「○○女子大出身です」と言ってしまえば、学歴詐称になりますが、合コンにおいては相子が勝手に「お嬢さま友だちはきっとお嬢さま!」と想像するぶんには学歴詐称ではありません!

 

2対2はハイリスクハイリターン。!

 

合コン

 

3対3がベスト!

 

同じ空間にいる「人数」と「親密度」は反比例します。

 

人数が多いと、ひとりと話をする時間が少なく、それほど親密にはなれません。

 

人数が少なければ、 共通の話題も見つけやすくなり、打ち解けるチャンスは多くなります。

 

では、「合コンは少人数のほうがいいの?」というと、それも考えもの…

 

そもそも合コンのメリットは「お見合い」と違い、一度に複数の異性と知り合える点だっ たはず。

 

それが「2対2」になると、そのメリットがなくなる上に、どちらかが (あるいはどちらも)「ハズレ」だったときのことを考えると非常にリスキー。

 

この「親密度」と「一度に効率よく異性と知り合えるのが「3対3」。

 

男性から「3対3でどうですか?」と言われれば、ゆっくり話し たいという証拠。

 

本当に彼女を欲しがっているメンバーである可能性が高いので気合いを入れていきましょう。

 

「5対5でどうですか?」と言われたら、「彼女を見つけたい」というよりは大勢でワイワイ騒ぎたいんだな、と理解しましょう。

 

「何人でやりますか?」と、間かれたときには、もちろん「3対3で」とリクエストしたほうがよいです。

 

3対3が合コンでは良いです。モテる方法というよりも成功法ですね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ